1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

サバイバルが好きなくせに小心物の親子です。


ようこそ!
現在の閲覧者数:
プロフィール

特攻戦隊TAKAレンジャー

Author:特攻戦隊TAKAレンジャー
福岡市内在住。
昭和30年代の私と、4つ下の嫁。
そして3人侍との5人家族。
何でも挑戦し、結果が出ると次に行ってしまう
結構、前向きな?家族です。

最新トラックバック
最新記事!
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06

Category: キャンプ

Tags: 阿蘇いこいの村  

Comment: 4  Trackback: 0

阿蘇いこいの村
連休は多いだろうと言う事で、近場でデイをしようと思っていたが、息子達の「キャンプへ連れて行け」の
コールで5月1日から「阿蘇いこいの村」へ出発。

今回は、そんなに多くのキャンパーは居なくて、快適だった。

ところが、どっかのハーレー族みたいなのが夜段々と集まって来て30人位だと思うが、遅くまで騒いでいた・・・

テントの中で「頼むから死んでくれ~っ」のお祈りを暫しする事1時間・・・ピーポーピーポーと
場内まで来た救急車。
多分祈りが届いたのでしょう。水を打ったように場内は静かになり熟睡出来ました。
(酒を飲んでバカ騒ぎしていたので、急性でもなったと思う)




帰り、白川水源によって食事。

IMG_0089.jpg



その後、幾つかの水源に寄って、その中「カワネズミ」に出会った。
水中を優雅に泳ぎ、銀色に輝く体は神秘の物だった・・・
今では、幻のネズミと言う事だが、なんと私はそのネズミの巣まで発見してしまった。

Comments

No title
こんばんは
お子さんたち
成長してますね
最初は女の子と思ってましたよ(^^ゞ
No title
こんにちは
私たちも1日から3日までキャンピングカー2台でいこいの村に行ってました。
あのでっかい焚火をしていた集団でしょうか?
うるさくてしょうがなかったですね。
けさやんさん、お久しぶりです。
そう、たま―に振り返ってみると、大きくなっている我が子に驚きます。(特に足が)
ベルパパさんはじめまして。
そうです。あの直火と変わらないような焚火していた集団です。
しかも、半数以上は勝手に入ってきて参加していました。
バイクの入場管理は難しいのでしょうか?
しかも今回は、ちょっとモラルのない設営が、多く見受けられました。

「いこいの村」では、管理棟から直線の突き当り右にいました(^ ▽ ^)/

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。